LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

大岐の浜の海癒は素に戻れる場所!Ohki-beach Kaiyu-inn

「素」素顔、素足、すまい、素もぐり、sustiainable 素の自分にもどれる場所を目指します。
薪で沸かす源泉掛け流しの温泉、自然素材の素朴な部屋、命ある食材、kaiyuの問いかけは「豊かさとは?」
<< 気持ち | main | 体と知恵と神さま >>
仕事のプロ意識

 

 

おはようございます。

 

今朝は昨夜からの静かな雨です。

 

 

 

昨日は天気はすばらしかったですが

 

朝から夕方まで昼食ぬきで釜と格闘していました。

 

 

 

3年ぶりに溶接のプロの片岡さんが来てくれて

 

二人で釜にはいったり、でたり、横からはいったり

 

 

 

 

小さな釜に灰もつれになりながら

 

溶接していくのですが、途中電気溶接ではダメだって

 

ガス溶接をとりに帰ってくれ

 

 

 

 

水がちゃんとぬけないと、鉄が赤くならず、溶接できないって

 

水は排水溝を全開で開いていても

 

隅っこがどうしてもぬけず、

 

 

その端の大きな予備の栓を開ける為に大きなパイプレンチを借りに行ったり

 

それで錆ついてもうんともすんとも言わず

 

 

 

 

 

どうやってその水を抜くか

 

ホウスを入れて、それを口で吸って外に出す作業を1時間あまりしたり

 

湿式の掃除きで試みたりしましたが

 

どうしても抜けず

 

結局釜の中に入ってひしゃくで少しづつくみ出す作業してなんとか水をぬいたり

 

 

それでももう薄い場所は数ミリしかない!って片岡さんが

 

 

何重にもしてやっと止めれたかのように見えましたが

 

暗くなる前に最後に溶接したら、ボコって1センチくらいの穴があいて

 

断念!

 

 

ショック!!!

 

 

 

振り出しにもどり

 

根本的に処理を考え直すことに!

 

 

でも、問題が早くわかって、なんとか対応してくれる事と

 

1日片岡さんについて仕事していると、漁師町で節屋の配管や釜も経験があり

 

ある意味なんでも直して動き始めて頼まれた人が笑顔になってはじめて仕事が終わるって

 

思っている仕事に対してプロ意識のすばらしさと

 

常に5感で合理的な無駄のない方法を模索して長年の経験で

 

それを養っていて、僕にもそれを普通に要求してくること

 

勉強になりました。

 

きっとお百姓さんも漁師さんも昔の人はみんなこんな感性をもっていて

 

それを引き継いできたんだろうなあって思いました。

 

 

こんな人がいてくれるからなんとか営業していけます。

 

片岡さん

 

ほんと感謝です。

 

| - | 07:47 | - | - | - | - |